加入検討中のセコムとアルソックの基本機能やサービスを比較すると・・・

ホームセキュリティの代表格といえばコマーシャルでもよく見かけるセコム、アルソック。

 

セコムやアルソックの特徴を調べてみると、知名度も高く外出時も在宅時も豊富なセキュリティサービスを提供してくれる上に補償制度まで充実しているセコムのほうが安心・安全かと考えてしまう。

 

しかし、セキュリティ面さえしっかりしていればいい、その分月額料金や機器費用が高くなるなら余計なサービスは要らないという場合は、必要なオプションだけを選択できるアルソックのほうが融通が利いて満足できるでるんじゃないかと考えてしまう。

 

でも結局、どちらかを選べば良いか分からない!!

 

という方も少なからずいるでしょう。

 

 

そんな方に伝えたい超重要ポイントは、
ブランド・月額料金・機器費用・サービスだけで比較してはいけない!
ということです。

 

絶対に確認すべき重要ポイントとは?

セコムもアルソックも365日24時間体制で見守ってくれますが、異常を感知してからどれだけ早く現場に駆けつけてくれるかが重要になってきます。

 

もし、在宅中に泥棒が侵入、帰宅時に鉢合わせ、就寝中に火災が発生した時など1分1秒の遅れが命に関わることになります。

 

ですから、ホームセキュリティのプランや料金、拠点数を確認するよりも、緊急対処員が待機している「緊急発進拠点と自宅までの距離」を最重要視しなくてはなりません。

 

 

警備員の待機する拠点数は・・・

 

全国 約2,830ヵ所

 

全国 約2,100ヵ所

 

拠点数だけを見ればセコムがアルソックを上回っていますが、自宅と担当拠点までの距離が近いとは限りません!その上、拠点までの距離や待機している人員の情報は、セキュリティの関係上非公開となっているので、簡単に知ることはできません。

 

 

実は、発進拠点と自宅との距離や到着するまでの時間を知るには、セコムやアルソックの営業に聞くとすぐに確認できるんです。

 

セコムとアルソックに加入検討中なら、まずは、セコム、アルソックの2社に資料請求をし、届いたパンフレットで基本料金・プランの概要を把握しつつ、実際に建物を見てもらう時に、担当者から緊急発進拠点の情報も聞きましょう。

 

同じ日の午前と午後に分けてセコムとアルソックの各担当者に訪問してもらうと、内容も比較しやすく1日で比較できるのでおすすめです。

 

氏名、住所、簡単な物件を入力して確認ボタンを押すだけなので、とても簡単ですし、資料請求しても、営業マンがしつこく電話してくることもないので、気軽に資料請求してみて下さい。

 

ホームセキュリティの資料請求はこちらから

 

セコム

セコムの資料請求をするとセコムのこだわりがつまった資料とDVDがもらえます。 DVDでは、「セコム導入する前と後」の違いがドラマ形式で分かりやすく説明されています。利用者の体験談も見る事ができます。

>>>ホームセキュリティ契約数NO1 セコムの資料請求の申込みはこちら

 

アルソック

初期費用0円のプランがあり費用を抑えたいという方に人気となっています。資料請求と希望すれば防犯のプロでもあるアルソックのスタッフが、自宅に訪問し防犯のアドバイスもしてくれますので聞いておいて損はないでしょう。

>>>シルバーパックも人気 アルソックの資料請求の申込みはこちら

 

 

更新履歴